• TOP
  • アニメ
  • 音楽
  • アート
  • テクノロジー
  • アイドル
  • 炎上
  • twitter
  • facebook
  • RSS
net-rom

最新記事

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

120万ドルを集めたボードゲーム


資金集めサイト「Kickstarter」を使って、ミニフィギュアとボードゲームで120万ドルを超える資金調達に成功したCool Mini Or Not社。その裏には周到な戦略があった。


よだれを垂らすエイリアン、突然変異によるゾンビ、そして宇宙海兵隊のヒーローたちが、資金調達サイト「Kickstarter」で120万ドルを超える資金集めに貢献し、その額はさらに増加を続けている。

高さ30mmのカスタマイズ可能な(ミニとも呼ばれる)フィギュアたちは、Cool Mini Or Not(CMON)社が最近になってKickstarterで展開した、ふたつのボードゲーム・プロジェクトの一部だ。

これらの精巧なミニフィギュアを使ったボードゲームは確かに面白そうだが、100万ドルもの資金を集めることができたのはなぜなのだろうか。

CMON社は明らかに熱心なコミュニティーを育てることに成功してきている。同社は2001年に、チャーン・アンの小さな趣味として始まった。当初は「HotOrNot.com」というサイトでプレイされていたが、そのなかでフィギュアの塗装作業の評価を行うグループ「Cool Mini Or Not」が始まった。そこでアン氏はこのグループを有機的に成長させ、寄せ集めの共同体から大規模な小売事業へと発展させてきたのだ。アトランタにある同氏の会社は、現在8人が勤務しており、大量の資金を集めている。



以下、アン氏に聞いた、資金集めの秘訣をまとめてみた。

1.価格―CMON社のプロジェクトは少額から開始して、勢いを得る。Kickstarterのランク付けアルゴリズムでは、資金調達達成のパーセンテージが高い製品が好まれ、ランク付けが高いことによって新しい顧客が集まる。CMON社の「Sedition Wars」は20,000ドルから開始したが、生産コストはその10倍以上だった。しかしその調達額は最終的に48万1,000ドルを超え、さらに増加を続けている。

2. 洗練―資金投資金額の各段階には、このプロジェクトがプロによるものだと感じさせるような魅力的な名前とイラストが与えられている。「Sedition Wars」では、まもなくヴァイラルな大発生を迎えるための「Quarantine(検疫)」と「Biohazard(生物学的災害)」の層が、洗練されたイラストとともに用意されている。

3. 製造の細かな調整―プロジェクトは「最小限の製品」から始まり、資金調達レヴェルが上がるとさらによいものになる。顧客の関心が高まると開発費用がアップするのだ。

基本的には、資金調達が特定のレヴェルに達すると、特典がグレードアップされる。「Sedition Wars」の場合、100ドルの資金提供には、基本となるゲームとおまけのフィギュアがいくつかもらえる。CMON社の調達額が10万ドルに達すると、おまけのフィギュアが12体にグレードアップされ、15万ドルになると限定フィギュアが追加されるという具合だ。

4. おまけ―基本キットは100ドルだが、10ドルだけ追加すると、限定版のキャラを1体もらえる。30ドル追加すると、そのキャラを置く風景も手に入る。50ドルになったときの変更は大きい。限定版の暗闇で光るフィギュア数体がもらえ、それによってゲームのプレイ方法が変わるのだ。

5. 完成―「自分自身のプロジェクトについて約束できないようなら、準備ができているとはいえない」とアン氏は述べる。「プロジェクトは開始する前に90%まで完成しているべきだ」。アン氏は「約束は控えめ、見返りは過剰に」をCMON社のモットーとして膨大な支援を獲得した。

6. ヴィジョン―アン氏は大きな夢を持っている。「JOBS(雇用創出)法を活用して、自分たちの会社を上場させる初めての企業のひとつになれることを願っている」

TEXT BY JOSEPH FLAHERTY
IMAGES BY COOLMINIORNOT.COM
TRANSLATION BY ガリレオ -平井眞弓


引用元:http://wired.jp/2012/06/27/coolminiornot-success-kickstarter/

一方日本では、女子大生を利用した資金集めサイトが大炎上^^;
関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。