• TOP
  • アニメ
  • 音楽
  • アート
  • テクノロジー
  • アイドル
  • 炎上
  • twitter
  • facebook
  • RSS
net-rom

最新記事

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

夏にアニメ映画の公開が控える杉井ギサブローと細田守が対談


この夏に監督作品が劇場公開となる杉井ギサブローさんと細田守さんの対談が行われた。

杉井ギサブローさんの「グスコーブドリの伝記」は7月7日公開予定で、細田守さんの「おおかみこどもの雨と雪」は7月21日公開予定。

対談は、互いの作品を鑑賞したあと、それぞれの作品に対してコメントするという形式で実施された。また、最後には「これからもアニメーション監督としていっしょに頑張っていきましょう!」と握手をエールを交換を行った。

※各作品の詳細については以下にて。
→アキバ総研アニメ‐「グスコーブドリの伝記」作品詳細
→アキバ総研アニメ‐「おおかみこどもの雨と雪」作品詳細



・細田守さん
『グスコーブドリの伝記』を拝見させていただいて、僕はこの夏に観るべき映画だと強く感じました。ものすごくファンタジックな世界観で、これでもかと圧倒されるぐらいの美しい世界が本編中ずっと展開され、夏休みのさわやかな空気を感じるような素敵な映画です。キャラクターのネコたちもとても可愛らしくて、親子でつくる楽しい夏の思い出になると思いました。イーハトーヴの風景、素晴しい世界というのがありながら、一方で今日的なテーマを深く描いている映画でもあり、僕らがこれから日本人として「どういうふうに生きていくのか」を考えさせられます。イーハトーヴというのは宮沢賢治が作り出したもうひとつの日本みたいなところですよね。そういったところと僕らのこれからの未来というものを照らし合わせて見られる、とても意義のある映画だと思います。

・杉井ギサブローさん
『おおかみこどもの雨と雪』は、人間であれ動物であれ、ある生命がうまれて育てられて、一人前になっていく過程があってはじめて成長する、そこにある細田監督の目線の厳しさと優しさががんがん伝わってくる。めずらしくほろっとしながら観て、感動させてもらいました。親と子、人間と動物が自分たちの生命を子どもたちに託して、その子どもたちがちゃんと受け継いで一人前になっていくのを必死で守っていく「母性」というものを楽しく、ある意味では厳しく、アニメーションなのに行間をリアルに伝えてくる作品だと思います。今回はおおかみと人間ですがそれはシンボルであって世の中にある宗教の違いや文化の違いとか、ミクロの差でしかないつまらない違いを、「いや同じじゃないか」という監督の目線が含まれて、それを問いかけている作品だと僕は思って観させてもらいました。

(C)2012「グスコーブドリの伝記」製作委員会/ますむら・ひろし
(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会


引用元:http://akiba.kakaku.com/hobby/1207/05/190000.php

どっちもこの夏必見ですね
関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。