• TOP
  • アニメ
  • 音楽
  • アート
  • テクノロジー
  • アイドル
  • 炎上
  • twitter
  • facebook
  • RSS
net-rom

最新記事

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

もともとNYを目指していた中野ブロードウェイがオタクの聖地に発展した理由

中野


様々な謎を追いかけているうちに、戦後の経済成長や首都圏の沿線開発を巡る意外な歴史が浮かび上がってきた。今回は中野ブロードウェイの意外な横顔について紹介しよう。

日本最大の繁華街、新宿からJR中央線快速で約5分の位置にある中野駅。北口から真っすぐ北に伸びる商店街「中野サンモール」を200メートルほど歩くと、中野ブロードウェイの南側の入り口が見えてくる。

■今は全体の4~5割以上がサブカル系店

入ってすぐ右手にあるのが中野ブロードウェイの象徴、漫画古書販売「まんだらけ」が今年5月に開いた新店舗。ゴジラなどのフィギュア(写真1)や映画のポスター(写真2)、スタジオジブリのキャラクター商品などが次々と目に入る。

1階はカードショップ、メイドカフェ(写真3)などの店舗が、薬局、カメラ店などに交じってチラホラと目立つ程度だが、2階から上に移動するとサブカル色が一気に強くなる。

「まんだらけ」がジャンルごとに計23店を営業しているほか、アニメ、漫画、コスプレ、着せ替え人形、プラモデル、ミニカー、中古の本・CD・DVD・楽器、鉄道関連、特撮、ゲーム、アイドルの写真集、ミリタリーグッズ、音響・映像機器、玩具などを扱う店がびっしりと軒を連ねる。

「地下1階から地上4階までの商業ゾーンに入居している店が約320。そのうち4、5割以上がサブカル系の店ですね」。中野ブロードウェイ商店街振興組合の理事長、青木武さんはこう説明する。

ところが、開業した1966年当時は全く異なる雰囲気の商店街だったそうだ。

中野ブロードウェイ



■1980年の「まんだらけ」出店が転機に

当初は銀座山形屋などの高級紳士服店や高級レストランも入居し、「東洋一のショッピングセンター」などと評判になった。マンションには沢田研二さんのほか、作家で後に東京都知事になる青島幸男さんら有名人が住んだことでも知られる。高級で時代の先端を行く「ステータスシンボル」だったのだ。

ところが、(1)そもそも庶民の街である中野にはセレブがそれ以上、住みつかなかった(2)「ルミネ」など駅ビル型のショッピングセンター(SC)が近隣の新宿や荻窪、吉祥寺で次々と開業した――ことなどの影響から、中野ブロードウェイの集客力は衰え、有名店が相次いで撤退。高級イメージが色あせてしまった。

漫画古書販売の「まんだらけ」が入居したのはそんな時期だった(1980年)。

1号店は2.5坪(約8平方メートル)ほどの小さな店だったが、やがてサブカルブームに火が付き、店舗を拡大(写真7)。似たようなタイプの店も次々と集まるようになった。こうした店の集積がさらに客足を呼び、それが店の一層の集積につながるという連鎖反応を起こし、「サブカルの発信拠点」としての色彩を強めたというわけ。

中野ブロードウェイが大変身した陰にはこんな事情があったのだ。

まんだらけ



■再開発に伴う期待と不安

現在、移転した警察大学校の跡地を再開発するプロジェクトが中野駅周辺で進んでおり、来年から再来年にかけて早稲田、明治、帝京平成の3大学が進出、キリンホールディングスや栗田工業の本社も1年以内に移転してくる計画。学生や会社員ら2万人が新たに中野に集まる計算だ。

「人の流れが大きく変わる。千載一遇のチャンス」。中野ブロードウェイではこう期待を高める。

だが一方で警戒感も広がっている。

駅ビルの建設計画が取りざたされているためだ。

特にサブカルとはかかわりが薄い店は、マニア層をつかんでいるわけではないので、危機感が強いようだ。「駅に強力な商業施設ができたら客足を奪われかねない」と神経をとがらせている。(抜粋)

小林明


引用元:http://www.nikkei.com/article/DGXBZO43634140R10C12A7000000/

駅を降り間違えたかと思うくらい、急に駅周辺が様変わりしてるよね(´・ω・`)
関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。