• TOP
  • アニメ
  • 音楽
  • アート
  • テクノロジー
  • アイドル
  • 炎上
  • twitter
  • facebook
  • RSS
net-rom

最新記事

スポンサーサイト

この記事へのコメント

ジブリの絵職人 男鹿和雄展
これ見に行った~
トトロが寝てるあの場所が再現されてるんだけど
お腹が上下しててかわいかったああああ

コメントの投稿

ジブリ企画展の動員数の推移

東京都現代美術館 スタジオジブリ制作 企画展


毎年好例となった東京都現代美術館におけるスタジオジブリ制作の企画展。

2003年から始まり、今年でちょうど10年目となるこの企画展。次表がテーマと動員数の推移である。いずれも甲乙付けがたい力作ばかりだが、入場者数的には「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」(2010年)が今のところトップ。日本映画美術の第一人者である種田陽平氏が『借りぐらしのアリエッティ』の劇中設定を再現するというコンセプトが評判を呼び、30万人近い入場者を集めた。会場の立地を考えると驚異的な数字ではないかと思う。

東京都現代美術館 スタジオジブリ制作 企画展



逆に、一番少ないのが「日本漫画映画の全貌」(2004年)だったが、内容的にはこれが一番濃かったように思える。特に大型判で255ページにも及ぶパンフレットには圧倒されたが、企画展だけのためにこのようなハイクオリティの歴史書を作るジブリの制作能力は抜群である。もし日本で本格的なアニメミュージアムを構想するならキュレーターはジブリ以外考えられない。

また、ビックリしたのは「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」(2007年)。アニメの美術に注目してくれるのはありがたいことだが、29万人以上が訪れたという事実に驚いた。実際に見に行ったら、入り口はもちろん、館内の至るところで行列ができていたが、『となりのトトロ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』の持つ力を実感した次第である。(抜粋)

増田弘道


引用元:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1207/24/news021.html

「特撮博物館」誰かレポートして(´・ω・`)
関連記事

この記事へのコメント

ジブリの絵職人 男鹿和雄展
これ見に行った~
トトロが寝てるあの場所が再現されてるんだけど
お腹が上下しててかわいかったああああ

コメントの投稿

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。