• TOP
  • アニメ
  • 音楽
  • アート
  • テクノロジー
  • アイドル
  • 炎上
  • twitter
  • facebook
  • RSS
net-rom

最新記事

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

知っていたら『ダークナイト ライジング』を10倍楽しめる、バットマンのシリアスな系譜

バットマンの系譜


nk12 2012/07/31 01:22:53
さてさて、「ダークナイト・ライジング」のパンフを見て、つらつら思ったのですが、アメコミというのは歴史が長いだけあって「○○は××である」と断言しようものなら「いや△△という例外が」と、即、いえてしまいます。このへんは日本の漫画でもアニメでも同じで、そんだけ豊かということですね。

nk12 2012/07/31 01:25:38
なんでまぁパンフにあった、フランク・ミラーの「ダークナイト・リターンズ」「イヤーワン」がアメコミの歴史を変えたという言説は、もちろん、それなりに正しい上で、色々なものが気になるという、要するにオタクの重箱気質です。

nk12 2012/07/31 01:26:45
そんなわけで、シリアスな/文学的なバットマン/アメコミそのほかの系譜について、少し書きます。詳しい諸氏のツッコミ歓迎。  ※しばらく連投します。目障りでしたらすいません。

バットマンの系譜


nk12 2012/07/31 01:33:24
なぜかというと、この頃のバットマンは、子供向けコミックというよりは、主に、大人向けのパルプマガジンからとってきているからです。そもそも、この頃のコミックの一番大きな需要は子供ではなく、「戦争中の兵隊さんの暇つぶし」でした。なので、必然的に大人向けなわけです。

nk12 2012/07/31 01:34:30
(当時の、そしておおむね今の)兵隊さんにとって、戦争の99%は、じっと待ってるか歩いてるかなので、暇つぶしの娯楽は、死活問題なのです.アメリカの場合、コミックスを大量に刷って、大量に渡していたと聞いています。

バットマンの系譜



nk12 2012/07/31 01:43:32
そんなわけで、バットマンが、「シリアスだったりストイックだったりサイコだったりする犯罪物」と「カラフルで、おもちゃっぽいガジェット満載で子供大喜びな作品」の間で揺れるのは、連載当初から始まっており、60年代にも70年代にもあった運動なのです

nk12 2012/07/31 01:46:11
そして、1986年に、フランク・ミラーが、「バットマン・ダークナイト・リターンズ」を発表し、暗い未来で生きる暴力的で孤高のヒーローとしてのバットマンとその死を描き、「バットマン:イヤーワン」でバットマンの誕生を描き、新たなバットマン像を確立します。

nk12 2012/07/31 01:47:40
こいつが大変に面白く、自分を含む大勢の人が痺れたわけですが、バットマンの歴史の中で、シリアスなバットマンの人間像を掘り下げようとした最初の試みでないことは書き添えておきます。極端にいえば、「イヤーワン」は、ボブ・ケインらの初期バットマンへの回帰でもあるのです。(抜粋)



名作の数々!でも、アメコミって高いんだよね…orz
関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。