• TOP
  • アニメ
  • 音楽
  • アート
  • テクノロジー
  • アイドル
  • 炎上
  • twitter
  • facebook
  • RSS
net-rom

最新記事

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

フォロワー13万人のクリエイターが語るTwitterの3つのルール


「@error403」というTwitterアカウントをご存知だろうか。リツイートしたくなるクスッと笑えるつぶやきや、思わずふぁぼって(favorite-お気に入り登録)しまうツイートを連日欠かさずポストしているアカウントなのだが、注目すべきはそのフォロワー数。個人アカウントとしては驚異的ともいえる「13万人以上」のフォロワーがついているのだ。

error403氏はいかにして自身のTwitterアカウントを、フォロワー数13万人を超えるまでに育てていったのか。ご本人にお話を伺い、そのTwitter活用術に迫った。



1 . 『リプライをしない・フォロー返しをする』

まず基本的にリプライは返さないようにしています。プロフィールページを見た時に、なんとなくリプライが一切ないと気持ちが良いからです。
もしかすると、初めてerror403を知った人にとって、フォローしやすい理由になっているのかもわからないですね。それぐらいの距離感があったほうが良いんじゃないでしょうか。赤の他人どころか、人間かどうかもわからないものは無機質でわかりやすくないと、そばに置いておきたくないですよね。

あと、フォロー返しは出来るだけ欠かさずしています。たまに自分のタイムラインを見ると、何万人ものアカウントをフォローしているのでものすごく流れが早くて、渋谷のスクランブル交差点にいるような気分になります。それだけです。

2 . 『決まった時間にポストする』

基本的に深夜1時ごろに投稿するようにしています。Twitterの中には「何時ごろに投稿したほうが反響がある」とか分析をしている人がいますが。そういった戦略は特にありません。ただ「決まった時間に何かを発表する」ということに少し憧れがあって。例えば、大好きなテレビ番組があれば、日曜日が待ち遠しかったり、18時30分までソワソワしたりするじゃないですか。そういうのってすごく良いと思うんです。

3 . 『時事ネタ・下ネタはNG』

時事ネタとか、他の情報があって成り立つような投稿はしないようにしています。一週間後、一ヶ月後、一年後に見てもそれだけで成り立つようなものがいいと思います。下ネタや悪意のあるもので笑いをとるのも好きですし、たくさん思い付くのですが、そこで勝負はしないようにしています。(抜粋)



…どうでもいいけどこの鳥こんな上向いてたっけ?
関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。