• TOP
  • アニメ
  • 音楽
  • アート
  • テクノロジー
  • アイドル
  • 炎上
  • twitter
  • facebook
  • RSS
net-rom

最新記事

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

スーパーヒーローの価値も結局はお金次第?


誰もが気になる「実際スーパーヒーローになるにはいくら必要?」という疑問に答えたYou're So MoneySupermarketの特集が話題になっている。今回取り上げられたのは、この夏の超大作『ダークナイト ライジング』と『アベンジャーズ』からそれぞれバットマン(ブルース・ウェイン)とアイアンマン(トニー・スターク)だ。

まずはバットマンのスーツ。頭を守るバットヘルメット(頭巾とも言われるが……)、網膜プロジェクション装置、そしてメモリー・クロス・ポリマーなる特殊生地でできている4万ドル(約320万円)のケープなど合わせると、それだけで優に100万ドル(約8,000万円)を超えるらしい。(1ドル80円計算)

一番高いのは空飛ぶバットモービルで6,000万ドル(約48億円)。この価格は米国海軍V-22オスプレイを参考にしているとのこと。銃器類は1万ドル(約80万円)ちょっとと比較的お手頃。そのほか、機械工学を修めるための学費、武器や乗り物を使いこなすためのトレーニング費、ウェイン邸や隠れ家である洞窟の維持費、そして執事アルフレッドへの給料なども合わせて、実際バットマンになるためのコストは6億8,245万750ドル(約545億9,606万円)也!

このコストに対抗するのがアイアンマン。ブルース・ウェインもお金持ちだが、天下の道楽者トニー・スタークはその上をいっている。実際アイアンマンになるためのコストはなんと16億1,271万7,000ドル(約1,290億1,736万円) ゴールドチタンでできたアイアンマンのスーツ、ヘルメット、トニーの命綱である胸部アーク・リアクターなど、スーツ系のみで1億ドル(約80億円)を超えている。(抜粋)



…人命救助は安くないってことでいいかな(´・ω・`)?
関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。